#:g1: DG Common LispとDybvig先生

Posted 2021-12-31 21:03:39 GMT

DG Common Lispといえば、超マシンで名が知られているDGのMV/8000シリーズのMV/10000で稼動したCommon Lispですが、Kyoto Common Lispの最初のプラットフォームでもあります。

そんな、DG Common Lispのランタイムのコアな部分は、なんとChez Schemeや、Schemeの衛生マクロで有名な、Kent Dybvig先生が作っていたそうな。

Common Lispのλリストの煩雑さを反面教師に以後シンプルなデザインを心掛けるようになったとの由。


HTML generated by 3bmd in LispWorks 8.0.0

comments powered by Disqus