#:g1: 2021年振り返り

Posted 2021-12-31 14:02:21 GMT

恒例になっているので今年も振り返りのまとめを書きます。

Lisp的進捗

LispWorksでGUIアプリを作成して使うのが段々面白くなってきた一年でした。といっても大したものは作っていないのですが。

ブログ

今年書いた記事は71記事でした。 この数年、RSSとブログという文化自体が死滅しそうになっていて残念なのですが、2022年もブログは続けていきたいと思っています。
ブログと違ってSNSは発信が手軽というのはありますが、分散した情報をかき集めるのが一苦労なのです。情報の集約という点でブログ文化が好きだったのですが、多分ブログが盛り返すとこというもないでしょう。
SNSとブログでは、完全に棲み分けが進んだ感がありますが、昔は、本文が一行しかないようなブログ記事も普通にありましたし、2022年は一行二行でもブログに記事として投稿していこうかなと思います。

主に書き溜めたブログネタを成仏させる目的で開催したLisp一人 Advent Calendar 2021ですが、これを開催したお蔭で、どうでも良いことを書き散らかす、という感覚が戻ってきたように思います。 折角なので、この感じで書き散らかしていこうかなと思います。

LispWorks

LispWorks 8.0が登場しましたが、引き続きLispWorks生活は続けていこうと思います。 しかし、8.0でGTk版LispWorksの日本語入力に難が出たので、これだけが不安。

2022年の方向性

2022年は基本的に落穂拾い的にやっていこうかと考えていて、過去のブログ記事の保守や、WikipediaのLisp系記事の更新あたりを中心に活動してみたいと思っています。
また、処理系のマニュアルを隅から読んでいくようなのも好いかもしれません。
この数年<最強のIDE(開発フロントエンド)としてのCommon Lisp>というコンセプトで何か書いたり作ったりしたいと思っていたのですが、そうなるとOSの主要言語を学ぶ必要があります。Cが全然書けないので、Cの基礎を学んでCFFIでラッパーライブラリを沢山書けるようになりたいなと思ったりもしています。
また、Lispコミュニティについての考察みたいなものも大体まとまってきたので、そのうち書いたりしてみようかなと思ったりもしています。

過去のまとめ


HTML generated by 3bmd in LispWorks 8.0.0

comments powered by Disqus