#:g1: Interlisp-DがOSSになって帰ってきた!

Posted 2020-08-20 00:30:51 GMT

ここ最近Interlisp-D復活のプロジェクトが活発でOSS化が進んでいるらしいというのは眺めていましたが、いつの間にやら仮想Interlisp-D環境であるmedleyが最近のOS上で動くようになっているようです。

以前もmedleyは古いOSを用意すれば動かせたりしましたが、最近のOS上でも動かせるというのは非常に嬉しい。

導入

下記はlinux x86_64で導入する場合です。 clang等が必要ですが適宜インストールしましょう。

git clone https://github.com/Interlisp/maiko.git

cd bin export PATH=.:$PATH

makeright x

上記でビルドが完了すると、maikoディレクトリの直下のマシンアーキテクチャ名のディレクトリ中にldexが生成されていますので、medleyのsysoutイメージを指定して起動できます。

./linux.x86_64/ldex full.sysout

sysoutイメージは、interlisp.orgに記載のあるRon’s Interlisp dropboxでも数種類配布されているので、適宜利用してみるのも良いでしょう。

とりあえず、手元では、古いmedleyで動かしていたイメージが起動しました。

maiko-2020

今後の展開

OSS化されたということで、処理系のソース等も読めるようになるのかもしれません(既に読める?)
個人的にはLOOPSを触ってみたいと思っています。

関連


HTML generated by 3bmd in LispWorks Personal Edition 7.1.2

comments powered by Disqus