#:g1: 痕跡を残さないS式コメント

Posted 2019-12-21 18:10:57 GMT

コメントをS式で書く方式のcommentは、古くはMACLISPに、最近だとClojureにありますが、中身を無視してnil(MACLISPだと'comment)を返すシンプルなフォームです。

(comment 0 1 2)
→ nil

commentの中身もS式として成立していないといけないのですが、動いているコードをコメントアウトする分には大抵問題になることはないでしょう。

Common Lispで書くとするとこんな感じになります。

(defmacro comment (&body body)
  (declare (ignore body))
  nil)

S式コメントには一つ問題があり、nil等の値を残してしまうので、commentを残す場所には配慮する必要があります。

(vector (list 42))
→ #((42)) 

(vector (comment (list 42))) → #(nil)

ここで一捻りして、nilではなく(values)を置いてみるとどうでしょうか。

(defmacro comment (&body body)
  (declare (ignore body))
  '(values))

(values)は0個の返り値を返しますが、Common Lispの場合は値が評価される場所ではnilとなります。
つまり、nilと書いた場合と大差ないのですが、

(vector (comment (list 42)))
→ #(nil) 

#.を付けると、痕跡を消すことができます。

(vector #.(comment (list 42)))
→ #() 

リーダーマクロの書法の一つとして、値を出力したくない場合は、(values)を使うというのがあるのですが、これを利用した格好です。

まとめ

#.(comment ...)だとちょっと長いので、普段は、(comment ...)で書き、必要になったら#.を足す、という使い方をすれば、そこそこ便利に使えるかもしれません。


HTML generated by 3bmd in LispWorks 7.0.0

comments powered by Disqus