#:g1: stump-touchy-mode-lineの紹介

Posted 2014-03-24 15:00:00 GMT

(LISP Library 365参加エントリ)

 LISP Library 365 の84日目です。

stump-touchy-mode-lineとはなにか

 stump-touchy-mode-lineは、stumpwmのモードラインを拡張するユーティリティです。

パッケージ情報

パッケージ名stump-touchy-mode-line
Quicklisp
プロジェクトページmabragor/stump-touchy-mode-line · GitHub
Quickdocshttp://quickdocs.org/stump-touchy-mode-line

インストール方法

(ql:quickload :stump-touchy-mode-line)

試してみる

 どんな関数があるかは、Quickdocsで確認できます。

 StumpWMのモードラインを区分けして、各々の部分をクリックしたらコマンドを起動するようにする拡張です。非常にシンプル。
例として、モードラインを7分割して、右端をクリックした場合に時刻を表示(echo-date)するのは下記のような感じです。

(in-package :stump-touchy-mode-line)

(setf *space-between-buttons* 0.25) (setf *min-button-length* 20) (progn (setq stumpwm:*mode-line-click-hook* '()) (set-touchy-mode-line nil nil nil nil nil nil stumpwm::echo-date))

まとめ

 今回は、stump-touchy-mode-lineを紹介してみました。
使い方次第で色々広がりそうですが、自分はいまいちアイデアが浮かんで来ません。

comments powered by Disqus