#:g1: stumpwmの紹介

Posted 2014-02-25 15:00:00 GMT

(LISP Library 365参加エントリ)

 LISP Library 365 の57日目です。

stumpwmとはなにか

 stumpwmは、Common Lisp製のウィンドウマネージャーです。

パッケージ情報

パッケージ名stumpwm
Quicklisp
プロジェクトサイトThe Stump Window Manager
CLiKihttp://cliki.net/stumpwm

インストール方法

(ql:quickload :stumpwm)

でロード可能です。
インストールスクリプトから導入するのもありですが、Common Lispを扱える人なら、Quicklispでロードしてからイメージをダンプして実行ファイルを作成するという手もあります。

試してみる

 どんな関数があるかは、Quickdocsで確認できます。ライブラリではありませんが。

 StumpWMがどんなものかは、少々古いですが、この動画で知ることができます。

 なんといってもキー操作一発で欲しいものにフォーカスできるということが最大の長所ではないでしょうか。
いや忘れていましたが、Common Lispでカスタマイズできることも長所ですね。

stumpwmの紹介/関連記事等

まとめ

 今回は、stumpwmを紹介してみました。
自分は、かれこれ6、7年StumpWMを愛用しています。StumpWMよりもっと良いものがあると思いますし、StumpWMに不満がない訳でもないですが、自分的な局所最適解を得てしまったというところで、最早StumpWMから抜け出せません。

comments powered by Disqus