#:g1: hu.dwim.util.temporary-filesの紹介

Posted 2014-01-21 15:00:00 GMT

(LISP Library 365参加エントリ)

 LISP Library 365 の22日目です。

hu.dwim.util.temporary-filesとはなにか

 また一時ファイルのユーティリティかい、というところですが、hu.dwim.util.temporary-filesは、dwim.huの人達による一時ファイルの為のユーティリティです。

(ql-dist:system-apropos "tempo")

したら出てきたので、まとめて書いておこうかなと。

パッケージ情報

パッケージ名hu.dwim.util.temporary-files
Quicklisp
CLiKihttp://cliki.net/hu.dwim.util
Quickdocshttp://quickdocs.org/hu.dwim.util/api#system-hu.dwim.util.temporary-files

インストール方法

(ql:quickload :hu.dwim.util.temporary-files)

試してみる

 一つのファイルを開くhu.dwim.util:with-temporary-fileと、複数のファイルを開くhu.dwim.util:with-temporary-filesがあります。
cl-fad:with-open-temporary-fileと同様with-open-fileと同じ作法で使えます。

(hu.dwim.util:with-temporary-file (foo :direction :io)
  (print "hello" foo)
  (print foo)
  (file-position foo 0)
  (read foo))
;>>  
;>>  #<SB-SYS:FD-STREAM for "file /tmp/hu.dwim-4818/4-80890" {1019174BB3}> 
;=>  "hello"

(hu.dwim.util:with-temporary-files ((foo :direction :io) (bar :direction :io)) (print "foo" foo) (print "bar" bar) (file-position foo 0) (file-position bar 0) (list (read foo) (read bar))) ;=> ("foo" "bar")

hu.dwim.util.temporary-filesの紹介/関連記事等

まとめ

 今回は、hu.dwim.util.temporary-filesを紹介してみました。
一時ファイル系のユーティリティは探せばもっとある気もします。

comments powered by Disqus