#:g1: shibuya.lispという名前でCLのユーティリティ集を始めてみました

Posted 2010-01-01 12:10:00 GMT

自分は、ユーティリティ集が大好きなのですが、つねづね自分でも作ってみたいと思っていました。
最近Githubがはやっているので、ここで皆でごちゃごちゃ作ると楽しいのではないかなと思い、shibuya.lispという人が釣れそうな名前で行くことにしてみました。
勝手に名付けて怒られそうですが、許して下さい。
-自分で考えた俺構文や、便利関数も普段から使ってみないと良いアイデアなのか分からないことが多いので、それなりにライブラリに纒めて簡単に使えるようにしておきたい。
-自作のユーティリティだとブログ等に書く際に注釈を入れたりしないといけないので、どっかに纒めて誰でも使えるようにして置くと楽そう
-みんなで作るとカオスになって楽しそう
-たまたま、githubだと、asdf-installでのインストールが楽だった
という辺りが動機です。
場所は、
-(http://github.com/g000001/shibuya.lisp)
です。
パッケージ名は、shibuya.lisp、ニックネームは、slなので、

(sl:listq a b c d)
;⇒ (A B C D)
などと短かく書けて良いかなと思います。
また、自作のユーティリティだとブログ等に書く際に注釈を入れたりしないといけない、というのは、
(require :shibuya.lisp) ; (asdf:oos 'adsf:load-op :shibuya.lisp)
(use-package :shibuya.lisp)

(mapcar (cut * <> 3) '(1 2 3 4)) ;⇒ (3 6 9 12)

などとインポートする手順だけを書くことによって定義の説明を省けることを期待しています。
インストールは、ASDFを利用している人は、
(asdf-install:install "http://github.com/g000001/shibuya.lisp/tarball/master")
でOKで、常に最新のものがインストールされます。

自分は、gitの使い方が分からないので色々失敗すると多いと思いますが、どんどん取り込む方針ですので、興味があったら是非参加してみて下さい。
※リーダーマクロの共有は、完全にカオスになりそうなので別ファイルにしていますが、named-readtables等を使って整理できれば良いかなと考えています。

comments powered by Disqus