#:g1: MS-DOSでCommon Lisp

Posted 2009-04-18 07:37:00 GMT

delicious等のlispタグにはStar Sapphire Common LISPというCL処理系のマニュアルがちょこちょこ流れてくるのですが、良く眺めたら処理系もダウンロードできることが分かりました。
-(http://www.webweasel.com/lisp/lisp.htm)
このStar Sapphire Common LISPはMS-DOS上で動く処理系で、90年年代初頭のMS-DOSプラットフォームでは人気があったらしいです。
ということで、Ubuntu上のdosboxで試してみることにしました。
手順は、
+ SSCLをダウンロード
+ 解凍(ファイルをばらまくのでディレクトリを作成してから、そこに解凍)
+ dosboxを起動し、SSCLのディレクトリにあるlispを実行
+ 起動!
という流れです。
一緒にEmacs(uemacs)も付いてきて処理系内部から(ed 'foo)等でfooというファイルを作成できたりします(関数定義には飛ばない)。
また、処理系の仕様ですが、CLtL2っぽくもありますが、CLOSが付いてきたりしていて、CLtL1+CLOSというところでしょうか。
といっても、CLtL1に厳密準拠してるわけでもないようで若干謎です。

comments powered by Disqus