cadadadadddrはなんと読んだらよいのか — #:g1

Posted 2017-10-24 19:22:07 GMT

Common Lispでは carからcddddrまで30のcarcdrの組み合わせが備え付けで定義されているが、Common Lispプログラマは、caadarのようなものを一体どのように発音しているのだろうか。

このブログのドメイン名は、cddddr.orgだが、くだだだ・だーと日本語の語感として口にしやすいので選んだりしたのだが、dの連続は良いとしても、aの連続や、cdrcdarの違い等はどう表現したら良いのか良くく分からない。

RMSが講演でcaarを「か・あー」と発音していたのを観て、なるほど区切ってみたら案外区別が付くかもなと思い、Common Lispの備え付けに日本語的な発音を付けてみた。

区切りは、a→aとd→aに遷移する時に付けると区別がつきやすいように思う。
また、aが連続する場合は、一番目と二番目の間だけ区切りをはっきりさせると発音しやすい。

下記では区切りを促音にしているが、長音にしても良いだろう。

なお、カダーはキャダーという人もいるようだ(RMSもキャダーと発音していた)。
また、RG(グリーンブラット)は、CADRマシンをカダーと発音していた。同じMITでもまちまちらしい。

この法則でいくと、本題名のcadadadadddrは、かだっあだっあだっあだだだーと読めることになる。 以上、おそまつ。


HTML generated by 3bmd in LispWorks 7.0.0

comments powered by Disqus