Lem使ってみた — #:g1

Posted 2017-10-21 11:04:10 GMT

Common Lisp製のEmacs系エディタのlemがOpen Collectiveに参加したとのことで、自分も支援してみた。
自分はLispWorksを利用していて、折角LispWorksを購入したからには元を取ろうという貧乏くさい考えで、この二年位は殆どCommon Lispのコードは元より普段の職場での仕事でもLispWorksのエディタでテキストを編集している。

ということで、lemは使ったことがなかったのだが、折角なので使ってみた。

導入

とりあえず、GitHub: cxxxr: lemからソースを持ってきて、Quicklispがロードできる場所に配置。
自分は、Common Lisp処理系内部から使う派なので、あとは、(ql:quickload :lem)して、Common Lisp処理系をダンプするかすることにした。
ちなみに残念ながら現状LispWorks 7.0では上手く動かないらしい。後でちょっとみてみようかなと思う。

使ってみる

起動は、(lem:lem)。伝統のed関数から呼び出すようにしても良さそう。

自分的に必須コマンドである()を対で入力してくれるコマンド(make-())と、コッカからの移動コマンド(move-over-))がなかったので追加してみた。
lemの所作が良く分からないが、とりあえず動けば良いかなという感じ。
ちなみにこれらコマンドは1970年代のEmacsから存在している。

;; -*- lisp -*-
(ql:quickload :g000001.tools.tpd-blog)

(in-package :lem)

(define-key *global-keymap* "C-_" 'undo)

(deftype whitechar () '(member #\Space #\Tab #\Return #\Newline))

(define-command make-\(\) (n) ("p") (let ((cp (current-point))) (insert-character cp #\( n) (insert-character cp #\) n) (prev-char n)))

(define-key *global-keymap* "M-(" 'make-\(\)) (define-key *global-keymap* "M-L" 'make-\(\))

(defun backward-search-rper () (save-excursion (do* ((p (character-offset (current-point) -1)) (c (character-at p) (character-at p))) ((char= #\) c) p) (unless (typep c 'whitechar) (return nil)) (character-offset p -1))))

(defun backward-delete-to-rper () (save-excursion (do* ((p (character-offset (current-point) -1)) (c (character-at p) (character-at p))) ((char= #\) c) p) (unless (typep c 'whitechar) (return nil)) (delete-character p) (character-offset p -1))))

(define-command move-over-\) () () (let ((rper (backward-search-rper))) (if rper (progn (backward-delete-to-rper) (scan-lists (current-point) 1 1 T) (lem.language-mode:newline-and-indent 1)) (progn (scan-lists (current-point) 1 1 T) (lem.language-mode:newline-and-indent 1)))))

(define-key *global-keymap* "M-)" 'move-over-\)) (define-key *global-keymap* "M-:" 'move-over-\))

(define-command Process-Entries-And-Preview (p) ("p") (declare (ignore p)) (g000001.tools.tpd-blog:process-entries-and-preview (buffer-filename (current-buffer)) #P"/mc/"))

(define-command Publog (p) ("p") (declare (ignore p)) (g000001.tools.tpd-blog:publish-entries-and-preview (buffer-filename (current-buffer))))

(define-command Insert-UNIVERSAL-TIME (p) ("p") (declare (ignore p)) (let ((ut (get-universal-time))) (multiple-value-bind (s m h d mo y) (decode-universal-time ut) (declare (ignore s)) (insert-string (current-point) (format nil "~D ;~D-~2,'0D-~2,'0DT~2,'0D~2,'0D" ut y mo d h m)))))

;;; *EOF*

むすび

このブログはLispWorksのエディタから更新できるようにしていたが、何故か無駄に更新コマンドに可搬性を持たせて作成していたので、LispWorksのコマンドをちょっと変更するだけでlemからもこのブログを更新できるようになった。
ということで、この記事も記念にlemで書いてlem上から更新を実行してみた。

また、TwitterもLispWorksからしているが、これもちょっとしたコマンドの書き直しでlem上から簡単につぶやけるようになった。
基本的にエディタ側で作り込むのではなくCommon Lisp側で完結するツールを作成し、フロントエンドはほぼ呼び出すだけの構成にしておくとSLIME・lem・LispWorks等エディタで共通で使いまわせるので良いかもしれない。

lemは現在ターミナルで動くが、今後ブラウザ上や、Electron化も検討されているらしいので色々期待している。


HTML generated by 3bmd in SBCL 1.4.0

comments powered by Disqus