廃止になった expand-defclass について — #:g1

Posted 2017-10-01 16:57:10 GMT

defclassで構造体を定義するのってできなかったっけかなあと思い、ちょっと調べてみたが、どうもstructure-classとの統合は未完に終わっているようで、MOPでも構造体の生成についての記述はない様子。

(make-instance (make-instance 'structure-class))

に類することができれば、どうにかなりそうだが、思えば構造体にそのような道具はなく、実行時に定義するならコードを生成してからevalみたいなことになりそうだ。
ちなみに、evalが絡むと大抵

(let ((x 42))
  (defstruct foo
    (x x)
    y
    z))

(make-foo) → #S(foo :x 42 :y nil :z nil)

みたいなことができなくなるので避けたい所。
(但し構造体については上記ができても殆ど意味がない)

構造体の定義については、defstructを書くしかないという結論になったが、それでは、defclassdefstructに展開する方向で考えてみようということで、これに使えそうな、expand-defclassを思い出したので使ってみることにした。

(defmethod clos::expand-defclass ((proto structure-class) 
                                  (metaclass (eql 'structure-class))
                                  name
                                  supers
                                  slots
                                  class-options)
  `(defstruct (,name (:include ,@supers))
     ,@(mapcar (lambda (s) 
                 (if (consp s)
                     `(,(car s) ,(getf (cdr s) :initform))
                     `(,s nil)))
               slots)))

これを使うと下記のように書ける

(defstruct foo 
  x
  y
  z)

(defclass bar (foo) ((a :initform 42) b c) (:metaclass structure-class))

(make-bar) → #S(bar :x nil :y nil :z nil :a 42 :b nil :c nil)

(defclass bar (foo)
  ((a :initform 42)
   b
   c)
  (:metaclass structure-class))

をマクロ展開すると、

(defstruct (bar (:include foo)) (a 42) (b nil) (c nil))

となる。

expand-defclassについて

expand-defclassは、MOPの初期(1987年頃)には存在していたが、定義構文の展開方法については具体的に規定しないことになり、定義構文のマクロ展開メソッドは諸々1988年には消えてしまった。
そのためAMOPには載っていない。

(expand-defclass prototype-instance name superclasses slots options environment)

という総称関数だが、展開がメソッドでカスタマイズできるというのが、なかなか良さそう。
なお、LispWorks版は、environment 引数は取らないが、環境は取り込んでいるので謎なことをしている様子。

なお、初期MOPの仕様にほぼ沿っているexpand-defclassは、調べた限りでは、どうもLispWorksにしか存在しないようだ。
(TI ExplorerのTICLOSにはFlavorsで定義されているexpand-defclassがあったのと、Portable CommonLoopsに仕様が違う同名の関数があった。)

まとめ

Common LispもDylan位に色々統合されてくれていたら良かったのになと思ったりする。
ちなみに、Dylanでは動的さが制御できるので性能を出したい場合は制限をかけるようになっている。

また、Eclipse Common Lispは全面的にOOPで書かれているが、Dylanのようにsealed指定が可能なように拡張されていたようだ。


HTML generated by 3bmd in LispWorks 7.0.0

comments powered by Disqus