ISLISPにモジュールシステムがないのは何故か — #:g1

Posted 2017-09-03 23:29:18 GMT

ISLISPではCommon Lispのようなパッケージがなくても大丈夫、という話を耳にした。
プログラムの規模によっては大丈夫なのかもしれないが、ISLISPにもパッケージを導入した実装もあることだし、実際どうなのか調べてみた。

ちなみに、パッケージが付いたISLISPであるTISLのサイトは消滅しているので下記にarchive.orgのリンクを貼っておく

また、TISLのパッケージシステムについては下記の論文が一番詳しいようだ。

ISLISPとモジュールシステム

とりあえず、調べて分かったことをまとめてしまうと

ということらしい。

LISP言語国際標準化と日本の貢献 にはISLISPの成立までの流れが詳細に書いてあるが、Common Lispのパッケージシステムが採用されなかった理由としては、

あたりが述べられている。

Common Lispのパッケージシステムのデザインが良くないので、ISLISPに取り込まれず、ISLISPは将来の課題としたが、宙に浮いてしまった、というところだろうか。

ISLISPの話に、突然Common Lispが出てくるのに違和感があるかもしれないが、こちらもLISP言語国際標準化と日本の貢献を読めばISLISPがCommon Lispのサブセット的な面が強いことが分かると思う。
そもそもCommon Lispが成功したので、ANSIやISOで標準化しようという話になったが、ISO Common Lispが色々あって失敗し、ISLISPに至るという話でもある。

まとめ

ANSI Common Lispにしろ、ISLISPにしろ、時期尚早として見送ったものの、色々あってその時期は永遠にやってこなさそう、という話は多い気がする。


HTML generated by 3bmd in LispWorks 7.0.0

comments powered by Disqus