Zetalispのlambda-macro — #:g1

Posted 2017-04-23 16:30:51 GMT

今日は一日LMI Lambdaのエミュレータを触っていたが、そういえば、Zetalispにはlambda-macroというものがあることを思い出した。
(ちなみに、LMIのZetalispは、ZetaLISP-Plusらしい……)

lambda-macroの使い所だが、Common Lispでarcのfnを再現することを考えてみよう。
arcのfnは大体Common Lispのlambdaだが、fnには引数の解構destructuring機能がある。

Common Lispのマクロで書くなら、

(defmacro fn ((&rest args) &body body)
  (let ((a (gensym)))
    `(lambda (&rest ,a)
       (destructuring-bind (,@args) ,a
         ,@body))))

こんな感じで、こうなる

(mapcar (fn ((a . d)) (list a d))
        '((0 1 2 3) (1 1 2 3) (2 1 2 3)))
;=> ((0 (1 2 3)) (1 (1 2 3)) (2 (1 2 3))) 

しかしそれで元のlambdaのように

((fn ((a . d)) (list a d)) '(0 1 2 3))

と書けるかというと、こうは書けない。

ここがCommon Lispでは微妙にもどかしい所だが、Zetalispでは、lambda-macroを定義してやれば思ったように書ける。

(deflambda-macro fn ((&rest args) &body body)
  (let ((a (gensym)))
    `(lambda (&rest ,a)
       (destructuring-bind (,@args) ,a
         ,@body))))

((fn ((a . d)) (list a d)) '(0 1 2 3))
;=> (0 (1 2 3)) 

さらに、deffunctionという引数の取り方をカスタマイズした関数を定義する構文が用意されていて、上記のfnを下敷にする関数は、

(deffunction a.d fn ((a . d))
  (list a d))

(mapcar #'a.d '((0 1 2 3) (1 1 2 3) (2 1 2 3)))
;=> ((0 (1 2 3)) (1 (1 2 3)) (2 (1 2 3)))

と書ける。

結び

Lispマシンのマニュアルの解説箇所はこちら

まあ、Lisp-1 ならこういうものは素直に書けるのだが。


HTML generated by 3bmd in LispWorks 7.0.0

comments powered by Disqus