Daniel Bobrow 氏と Lisp-2 — #:g1

Posted 2017-04-05 15:24:36 GMT

Daniel Bobrow 氏が先日3月20日に亡くなった。

氏はLISP創世記より活躍され、BBN-LISP・INTERLISPと対話型システムに於いて多大な功績を残し、Common LispにもLOOPSから始まるXerox系オブジェクト指向システムの導入に於て多大な影響を与えた人物であった。

私がDaniel Bobrow 氏で思い出すのは、氏がCommon Lispでお馴染のLisp-2の創始者ということで、昔にこのブログで書いたことがあった。
話によれば、Lisp-2は1965年あたりにBBN-LISPに実装されたのが始まりらしい。

上の記事ではnet.lang.lispを引用しているが、元の議論はMITのlisp-forumメーリングリストで行なわれていたことだったようだ。

Common Lispができつつある1983年の時点でLisp-2は古いデザインという雰囲気だが、2017年の今でも使われているというのは感慨深い。

小ネタをもう一つ、ClassicCmpのメーリングリストのBobrow氏を偲ぶスレッドで、INTERLISPの表紙について語られていた

IIRC, sometime during the project, BBNLISP was renamed INTERLISP.  I still
have the wonderful manual, with the great artwork on the cover.  Warren
Teitelman (the author) doesn't have his name on the cover.  But, the bottom
portion has a guy is operating a meat grinder, with the input being the
letters of "reference manual" in random order, and the output being
"reference manual".  Danny explained that Warren Teitelman hadn't gotten
the joke :)

Danny was funny, quick witted, friendly ... RIP.

interlisp-meat-grinder

マニュアルをひっくりかえして表紙の絵の作者を探したが、どこにも載っていなかった。作者はBobrow氏だったのだろうか。

混沌としたものをミンチにしたものがマニュアルというジョークは、CLtL2の索引のジョークを思い出す。

ちなみに、GLSとBobrow氏というと、Bobrow Stacksともいわれる Spaghetti stacksに対して、GLSは、Macaroni is better than spaghettiなんてものも書いているらしい。


HTML generated by 3bmd in LispWorks 7.0.0

comments powered by Disqus