CADR System 78.52 — #:g1

Posted 2017-04-02 07:06:34 GMT

CADRのエミュレータというとBrad Parker氏のものが有名だが、それを下敷にして色々整理したものをみつけた。

まとめているのはMIT Lispマシン(LispM)界隈では良く見掛けるams氏。

利用方法

GitHubからcloneしてmakeするだけ

git clone git@github.com:ams/mit-cadr.git

cd mit-cadr/emulator/usim

make

そして、起動
※なお、disk.imgに誤ってか意図してかコロンが末尾に付くのでdisk.imgリネームする。(そのうち直ると思われる)

./usim

自動でホストと通信してファイルも読み込んでくれるらしい。
色々試してみたが、現状では、

./usim -r ../../lisp

とLispMのルートディレクトリを明示した方が良いらしい。 (M-.でのソースコードジャンプ等で間違いがない)

(login 'foo)

とすると、ユーザーfooのホームディレクトリの初期化ファイル:lispm.initを読み込むので、ここに初期化設定を書く。
さらに、現状でソースコードジャンプを上手く機能するようにするには、初期化ファイルに、

(si:set-sys-host "server" ':unix 0404 "...//mit-cadr//lisp//")

"...//mit-cadr//lisp//"はファイルのパス

と明示すると良いようだ(なお、伝統的なMACLISPでは、/がエスケープ文字なので二重に記述する)

以下、Parker氏の配布物と比べて違っているところを列挙

なお、現状、SDLを使わず、X11を使うようにしているので、マウスやキーボード操作がLinuxでは若干上手く行ってないように思われる

また、Parker氏の配布物は、System 78.48だが、こちらでは、System 78.52と若干新しい。
記録によれば、System 78は、大体1981年末から1982年あたりのシステムで、Chinualでいうと4th Editionあたりの仕様になる。

cadr78.52

結び

MIT CADRは、最終版のSystem 99まであり、これがCommon Lisp対応となっているので、これが使えるようになると良いなあと以前から思っている。
現状、ディスクイメージはあるようなのだが、マイクロコード等細かいものが揃っていないようだ。

今後もMIT CADRエミュレータの新しい動向に注目していきたい。


HTML generated by 3bmd in LispWorks 7.0.0

comments powered by Disqus