Lisp本積読解消: Dylan Programming — 6.4 Macros — #:g1

Posted 2017-03-10 15:14:00 GMT

今回は、Dylan Programmingのマクロの箇所を読む。

Dylan Programmingは、1996年の出版で、主な対象としている処理系は、Harlequin Dylan。

当初、Harlequin Dylanは、DylanWorksと呼ばれていたらしいが、1.0がリリースされる前に名称変更になったらしい。

Harlequin Dylanは、1998年辺りに正式リリースがされ、1999年にEnterprise Editionがリリースされた後、色々あって、Functional Objectsという会社が扱うことになり、さらに色々あり、Open DylanとしてOSS化された。

以降、現在に至るまで、Open Dylanとして開発が活発になったり停滞したりしている。

本書のPDFは、OpenDylan.orgからダウンロード可能

6.4 Macros

DylanのマクロはLispのように言語を拡張することを目的としていて、扱いも用意であることが解説される。
なお、Dylanの競合は、C++やCなので、Cのマクロとの比較が随時差し挟まれる。

構文マクロには、パタンマッチ・テンプレート方式と、構文を操作する手続き型マクロがあるが、Dylanの場合は、テンプレート方式であることが説明される。
後々、手続き型マクロもサポートする予定だったらしい。なんと、知らなかった。

簡単なパタンマッチでマクロを書く例が示され、次にConstraintsについて説明がある。
Constraintsとは、?foo:expressionのようなパタン変数の後ろの部分で、構文に型が付いているようなもの。
Common Lispでいう&restのようなものは、?var:bodyと書けたりする。

また、サブパタンを書くことも可能で、見通しよく分割できることが示される。
マクロ内で識別子を生成する方法も解説。

次に、マクロの衛生性について解説され、識別子の意図しない捕捉等が起きないことが示される。
衛生性は意図的に破ることが可能で、?=を利用すれば利用される場所の識別子が利用できる。

次に、サブパタンを利用しては書けない例として、生成した識別子がサブパタンでは利用できない例を挙げ、補助マクロを利用する方法を解説する。

結び

最近、中置言語にLisp風のマクロを導入する例が多いが、最近の言語と比べてもDylanのマクロシステムは洗練されているように思える。
Dylanには、Common Lispの開発者が多く参加しているが、構文マクロを普通に使う人達が設計したことがシステムの洗練に大きく寄与したのではないだろうか。

Common Lispを知っている人からすると、Dylanは、まるで中置のCommon Lispで、Common Lispの精神もかなり継承しているのであるが、ブレイクしてくれなかったのが悔まれる。


HTML generated by 3bmd in LispWorks 7.0.0

comments powered by Disqus