オブジェクト指向コンピューティング — #:g1

Posted 2011-02-28 09:20:00 GMT

昨年に復刊して驚いた「Common Lisp オブジェクトシステム」もCLOSを知る上では良いかなと思うのですが「CLOSやCLOS MOPを知るには良い本」的な紹介を良く耳にする気がしています。
この本についての個人的な感想は以前にも書いたのですが、
- (http://g000001.cddddr.org/1244291920)
どちらかというと言語の実装者向けかなあと思っています。
それでタイトルの本なのですが、オブジェクト指向のシステムの解説の一つとして40ページ程のボリュームでCLOS MOPが取り上げられていて、実際にコードの例も示されているという、日本語の本にしては珍しい本です。
- オブジェクト指向コンピューティング (岩波コンピュータサイエンス)
また、オブジェクト指向を解説する本としても、かなりマニアックで、Smalltalkあり、リフレクションあり、並列分散オブジェクト指向言語のABCLなども取り上げられつつ、という感じです。
先日の米澤教授の最終講義で並列分散オブジェクト指向のABCLって面白そう!と思った方にもお勧めかなと思います。
それで現在この本は絶版のようなのですが、以前からAmazonでウォッチしているところでは、何十円だったり一万円を越えたりという感じです。(現在衝撃の48円)

comments powered by Disqus