KMRCLを眺める(209) CMSG-ADD — #:g1

Posted 2010-10-02 15:02:00 GMT

今回は、KMRCLのconsole.lispからCMSG-ADDです。
前回のCMSG-Cでは、*CONSOLE-MSGS-TYPES*にメッセージを出力する状況のタイプをリストで格納していましたが、そのリストを操作するための関数のようです。
*CONSOLE-MSGS-TYPES*を直接SETQやPUSHしたりはせず、インターフェイスを設けるということですね。

(defun cmsg-add (condition)
  (pushnew condition *console-msgs-types*))
動作は、
kl::*console-msgs-types*
;=> NIL

(kl:cmsg-add :debug) ;=> (:DEBUG)

というところ。

comments powered by Disqus