(41)NUE/TAO/ELISのOS的側面(1984) — #:g1

Posted 2010-07-25 10:50:00 GMT

TAO関係の論文を漁っておりますが、今回は、
-NUE/TAO/ELISのOS的側面
です。
タイトルは日本語ですが、内容は英文です。
軽くNUEについて説明したあと、マルチプログラミング、OBLISTグラフ(多重の名前空間について)、マルチユーザー対応と説明が続きます。
英文だけに海外のLispマシンとの違いをメインに説明されているように思えました(Zetalispとの比較など)
海外のLispマシンがビットマップディスプレイの個人占有マシンを指向していたのに対し、TAO/ELISのマルチユーザーで、9600bpsのターミナルという立ち位置は面白いなと思いました(高価なビットマップディスプレイは後々に普及してから検討する方針だったようです)

comments powered by Disqus